メディア掲載情報

1-10件 / 59件中

メディア掲載情報 一覧

2020年6月15日 福祉新聞に掲載されました

電話リレー法が成立 来年度に通信手段拡大

「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」が参議院本会議で全会一致で可決、成立されました!

『調査と情報-Issue Brief-』1097号(国立国会図書館)に掲載されました

電話リレーサービスの現状と課題

電話リレーサービスが関係している法律や諸外国の状況、日本財団のモデルプロジェクトの取り組み、そして制度化に向けた政府の検討等がまとめられています。

『新ノーマライゼーション』2020年3月号に掲載されました

総務省、全日本ろうあ連盟、日本財団のそれぞれの立場から電話リレーサービスの制度化に向けた動きや意見等が述べられています。

2020年3月6日 シルバー新報に掲載されました

電話リレーサービスを公共インフラに 安定運営へ新交付金創設 総務省法案提出

「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律案」が閣議決定され、国会に提出されました。

2019年11月25日 NHK WEB NEWSに掲載されました

聴覚障害者支援の「電話リレーサービス」再来年度から提供へ

2019年1月より開催されてきた総務省・厚生労働省共催の「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」にて、2021年度から電話リレーサービスを公共サービスとして提供する方針が決まりました。

◆2019年11月26日 毎日新聞
緊急通報もリレーします 聴覚障害者向け電話サービス対応へ

◆2019年11月26日 山梨日日新聞
手話通訳の中継21年度開始へ

◆2019年12月13日 電波タイムズ
電話による緊急通報と同レベルの環境に 電話リレーサービス「ワーキンググループ」報告

2019年10月26日 公明新聞に掲載されました

電話リレーサービス 普及急げ
“聞こえない人”の命と生活守る

10月16日の参議院予算委員会で、総務省から改めて「電話リレーサービスは重要なものであり、
公共インフラとしての実現に向けた取り組みを進める」との答弁がありました。

2019年8月19日 東京新聞に掲載されました

広がれ 手話のリレー

電話リレーサービスを利用されている方のコメントも掲載されています

『リベラルタイム』2019年9月号に掲載されました

国の取り組みが具体化する「電話リレーサービス」

2019年6月28日 毎日新聞に掲載されました

聴覚障害者との電話支援 ネット利用 手話通訳者が仲介 24時間利用 国が体制整備

2019年1月より検討が進められていた「電話リレーサービスに係るワーキンググループ」にて報告書がまとめられ、電話リレーサービスを公共インフラとして整備する方針が決まりました。

◆2019年6月27日 中日新聞web
耳不自由でも電話可能に ネットを活用、手話同時通訳

◆2019年6月28日 愛媛新聞
通話に手話通訳仲介 政府が整備方針 ネット回線利用

◆2019年6月28日 共同通信社 
耳の不自由な人の電話を整備へ 手話通訳者がネットで仲介

2019年1月26日 朝日新聞に掲載されました

手話「電話リレー」頼みの綱 雪山で遭難 救助を要請 
緊急通報への対応 整備は途上 国、拡充めざし検討

2018年10月、奥穂高岳で聴覚障害者3名が遭難し、電話リレーサービスを使って救助要請がされました。
2017年以降、ボート転覆事故や山岳遭難など緊急通報が相次いでおり、
一刻も早く電話リレーサービスが制度化され、緊急通報も受け付けられる仕組みが必要です。

日本財団 電話リレーサービスのページトップへ戻る