知っておくべき海外バイナリーオプションのデメリットやリスク

「バイナリーオプション初心者こそ、海外バイナリーオプションがおすすめという理由はわかったのですが、海外バイナリーオプションにはデメリットやリスクはないのですか?」

「あります。海外バイナリーオプションにも、デメリットやリスクがあるので、しっかりとデメリットやリスクを理解した上で、海外バイナリーオプショントレードに臨む必要があります。」

海外バイナリーオプションのデメリットやリスク

海外バイナリーオプションのデメリットやリスクには、大きく分けると下記のものがあります。

  1. 投機性・ギャンブル性が高い
  2. 信託保全が義務付けられていない
  3. 出金拒否のリスクがある

です。

1.投機性・ギャンブル性が高い

基本的に

バイナリーオプションは、為替相場を予想してトレードする分には、ギャンブルではなく、為替予想に基づく分析による投資ですので、ギャンブルではありません。

しかし、海外バイナリーオプションの場合

  • 最短30秒で結果が出る
  • 勝てば約2倍、負ければ0円というわかりやすい2択

という特性があるため、「スピードくじ」や「トランプのハイアンドローのギャンブル」のような感覚で、運でトレードしてしまう投資家も少なからずいます。

30秒で結果が出て、負けた分を取り返そうと、購入金額を増やしてしまえば、これは「ギャンブル」です。すぐに資金が溶けてしまいます。

国内バイナリーオプションでは、この投機性を抑えるために、2時間に1回しかトレードできないように制限したぐらいです。

海外バイナリーオプションも、トレードの方法を間違えてしまえば、投機性・ギャンブルになってしまうリスクがあります。

対策

運でトレードをしない

というのが非常に需要なポイントです。

バイナリーオプションは、為替相場を扱うトレードですので、しっかり、テクニカル分析で今後の為替変動を予想することが可能です。その予想に基づいて、タイミングを見計らってトレードするのであれば、ギャンブルではなく、投資と言えます。

wikipediaによると

賭博の大前提は、あらかじめ取り決め周知されている厳密なルールに従って勝負を行い、偶然もたらされた結果に従うことである

wikipedia

とある通りに

  • 偶然性に頼るのが「ギャンブル」
  • 偶然性に頼らないのが「投資」

です。

海外バイナリーオプションでも、計画的に分析をした上でトレードをすれば、十分に「投資」になるのです。

2.信託保全が義務付けられていない

日本国内のバイナリーオプションを提供している証券会社は、日本の金融ラインセンス(財務局登録)をして、運営されています。

日本の金融ライセンスでは

  • 顧客資金の信託保全

が義務付けられています。

信託保全とは

証券会社・FX会社が信託銀行に顧客資金を預託し、万が一、倒産した場合も、信託銀行から直接顧客へ投資指揮gな返還される仕組みのこと

つまり、国内バイナリーオプション業者であれば、いくら高額な資金を口座に入金しておいても、倒産リスクはないことをになります。国内バイナリーオプション業者が倒産しても、口座に入金した資金は保全され、返金されるのです。

海外バイナリーオプション業者の場合は、日本の金融ライセンスを持っていないため、信託保全の義務はないのです。海外バイナリーオプション業者自身の経営方針に依存する形になりますが、信託保全スキームは採用するのにそれなりのコストが必要になるため、ほとんどの海外バイナリーオプション業者は、信託保全を採用していないのです。

つまり、海外バイナリーオプション業者が倒産したときには、口座に入金した資金が戻ってこないリスクがあるということです。

対策

高額な資金を海外バイナリーオプション業者の口座に入れない

あくまでも、トレードに必要な資金だけを入金して、不要な資金は、出金しておくことが重要になります。万が一のことを考えれば、海外バイナリーオプション業者の口座には必要最低限の資金だけを入れておくべきと言えます。

倒産リスクの高い海外バイナリーオプション業者を利用する

海外バイナリーオプション業者の情報は、日本国内のバイナリーオプション業者と比較して、情報が少なく、経営状態を読み取ることは、かなり難しいものです。

その中でも、倒産しにくい海外バイナリーオプション業者を選ぶポイントは

事業歴が長い海外バイナリーオプション業者を選ぶ

ということです。

事業歴が長い = それだけ安定して経営を続けている

ことの証左ですから、事業歴が長いハイローオーストラリアザオプションが安心してトレードできる選択肢となります。

3.出金拒否のリスクがある

海外バイナリーオプションのネガティブな口コミで多いのは

  • 「出金できなかった。」
  • 「出金できなくなった。」
  • 「出金依頼が無視されている。」

というような「出金拒否」に関する情報です。

出金拒否がされる理由には

  • 使っていない口座が凍結されただけ
  • 海外バイナリーオプションが倒産している
  • 海外バイナリーオプションが資金不足に陥っている
  • 投資家が規約違反のトレードを行っていた

というようなケースがあります。

一定期間利用がない口座が凍結されるのは、海外では一般的で、凍結されたとしても、サポートに連絡すれば凍結を解除してもらうことができ、出金できるようになります。

それ以外のケースのほとんどは

ペイアウト倍率につられて、信頼性が怪しい海外バイナリーオプション業者を使っていた。

ことに起因します。

事業歴が長い海外バイナリーオプション業者であれば、投資家側が規約違反をしない限り、海外バイナリーオプション業者の都合で出金されないことは、ほとんどありません。

対策

はじめての海外バイナリーオプション業者では、少額の出金を試してみる

出金に不安を感じる海外バイナリーオプション業者を利用する場合は

1万円入金して、1万円出金してみるなど、少額の出金を試してみると良いでしょう。

多少、手数料が引かれてしまう可能性がありますが、「出金できるかどうか?」をチェックする一番確実な方法です。

事業歴の長い海外バイナリーオプション業者を利用する

事業歴が長ければ

  • 出金拒否をすれば、すぐに情報が回ってくる
  • 倒産リスクが少ないため、出金する資金がない状態にはなりにくい
  • 日本語サポートが充実しているので、状況を聞ける

というメリットがあり、出金拒否のリスクを回避できるのです。

事業歴が長いハイローオーストラリアザオプションがおすすめです。

まとめ

海外バイナリーオプション業者を利用するデメリットやリスクには

  • 運でトレードしてしまうと投機性が高くなる
  • 事業歴が短い、信頼性の低い業者を使うと「資金が戻ってこない」「出金できない」

という2点があります。

どちらも、明確な対応策があり

  • 運ではなく、分析でトレードする
  • 信頼性の高い、事業歴の長い海外バイナリーオプション業者を利用する

ことを心がければ、リスクはかなり減らすことがかのうです。

海外バイナリーオプション業者のリスクやデメリットを理解した上で、リスクを回避する形で海外バイナリーオプションを行う必要があります。

「具体的にどうやれば、海外バイナリーオプションで稼げるの?」

「具体的にバイナリーオプションで稼ぐための手順を解説します。」

バイナリーオプションで稼ぐための手順はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です